こんばんは!ブログには久々に登場します。
スタッフのしゅとうです。

webの更新を滞らせている犯人は私です!
本当にすみません。…ちまちま頑張ります。

今日はトップページに twitterハッシュタグ [ #mmm2010 ]
を流すパーツを設置致しました。
皆さんも感想などお気軽にどんどん呟いてみてくださいね♪

今回は多摩美スタッフの報告をまとめて、
代わりにブログにアップ致します!

せんだくん

日にちが前後してしまいますが、
8月の前半にMMMの手伝いをさせてもらった外部スタッフの者です。

MMMスタッフの方と那珂湊の駅や商店街でキャプションの設置をしつつ、
MMMのことやそれぞれの作品についてなど
いろいろなことを教えていただきました。

そんな時、地元のラジオ局の方がMMMに興味があるので
会いたいというお話が舞い込んできました。
そこでなぜか、MMMのスタッフの方と共に僕までラジオ局の方に会いに行くことに!
当然、ラジオ局の方とMMMスタッフの方が話しているところを
僕はだまって聞いているだけだったのですが、
MMMがどのようにして始まったのかや、
都心ではなく地方でこのようなプロジェクトをおこなうことの大変さなど

いろいろなお話が聞けました。

また、ラジオ局の方からも、
外から来た人がその土地を盛り上げようとすることの意味は
多くの観光客を外から呼ぶことよりも、
その土地の人に自分たちの土地がどれほど優れているかをあらためて感じさせることにあり、

そうすることがその土地の活性化につながるという、
とてもためになるお話を聞くことができました!

よつやさん

こんばんわ!8日と9日にお手伝いをさせていただいた多摩美スタッフの四ツ谷です ^^
MMMのお手伝いに行ってからもう2週間近く経つのですが、
那珂湊でのいろいろなできごとが今でもすごく印象に残っています!!

展示されている作品にキャプションを付ける手伝いをしたときに
SFCのスタッフさんに案内をしてもらって、
たくさんの作品を見ることができたのですが、
どの作品も展示されている空間に溶け込むようにマッチしていたのがとても印象的でした^^

1つ1つを見ると、
作品の持っている空気のようなものはそれぞれ違っているのに、
湊線や那珂湊の商店街に展示されることで、
そこの空気に染められて1つに溶け込んでいる
ように、私は感じました〜^^

それと、商店街の方々がとても親切であたたかかったのも、深く印象に残っています。
キャプションを那珂湊ハウスで作っているときも、
商店街の方が興味を持ってたくさん話しかけてくれたり、
歩いているときに挨拶を交わしてくれたり、
商店街で過ごした時間はとてもほっこリしていて、やさしい時間でした。

ふだん、私が美術作品を見に行く場所の多くは美術館です。
そこでは、作品は作品のためにある空間で展示されていることになります。
見に来ている人も「作品と出会う」ということを1番の目的にしている人が多いだろうし、
それ以外の目的を持って美術館に来る人は少ないように私には思えます。

しかし、このMMMは、
作品の展示されている空間は作品のためだけに存在するのではなく、
人々が出会い、交流する空間でもあります

むしろ、作品は あとからやってきた存在といえるでしょう。
そのような空間で、作品が主張しすぎることもなく、かといって目立たないわけでもなく、
その空間と融合するように存在し、
その存在によって人々のつながりをより広く、強いものにするような効果を生んでいるのが、
私にはとても新鮮でした。

MMMでは、ふつうの美術館ではできないような、作品との出会いが待っているとおもいます。
「作品と出会う」だけでなく、
そこにいるあたたかい人々や作品のある場所のやさしい空気にも出会うことができます。

ぜひ、多くの人にMMMに来て、このような出会いを体験してもらえるといいなあ〜 と思います^^☆

いけださん

こんにちは、スタッフの池田です。
MMMは慶応大学の研究室が実行委員会の中心になっていますが、私は多摩美術大学生です。
お互い少しずつ連絡を取り合いながら、参加当日に初めて那珂湊に着きました。

超東京人である私(と愉快な仲間達)がやってきましたは、ひたちなか海浜鉄道湊線。
木製の床に、扇風機。
運転士さんと同じ景色が見える窓。
そんな電車が緑色の畑の中を綱渡りをするようにまっすぐ走っていく。

都会にはない自然あふれる車両とアートをぜひ観に来て下さい。




——-

皆さん、8月最初の週ということで、初参加だったのですが
MMMの空気を感じ、それを言葉にして下さっていて
SFCスタッフも一同、嬉しい限りです!

引き続きMMMは開催しております!
みなさま是非お越し下さいね!

私はweb更新頑張ります….

 

LINEで送る
Pocket