こんにちは、MMMスタッフ1年のまさおです。

 

みなとメディアミュージアム、絶賛開催中ですね!!
まだお越しになっていない方は是非是非足を運んでみてください!

記事の日にちが前後してしまいますが、今日は昔を振り返って7月23日から24日にかけて行った那珂湊でのフィールドワーク報告をしたいと思います。

この二日間では主に

  • アーティストさんとスタッフが泊まる「みなとハウス」の掃除
  • 会期中に行われるワークショップの下準備
  • アーティストさんの作品作りのお手伝い
  • 展示会場として使わしていただける古屋のお掃除

をやりました。

また、この日はwebデザイナーの山田輝子さんが同行してくれました!
山田輝子さんがみなとメディアミュージアムの紹介をなさってくれています。
このページです、ご覧ください!!

 

——————那珂湊到着&みなとハウスのお掃除——————

那珂湊に着いて、まずみなとハウスの掃除をしました。

前回のフィールドワークでみなとハウスにバルサンを炊いて出てきたので、まずは窓を全開にし、お亡くなりになった虫の処理をしました。
虫の処理が終わった後は、雑巾と箒を駆使してピカピカにお掃除していきました。


お掃除を終え、一段落している風景です。

 

—————-「カメラ持って”まち”歩き」の下準備——————–

お掃除の後は会期中に行われるワークショップ、「カメラ持って”まち”歩き」の下準備をしました。

ここでは、ワークショップの主催者さんに「取りあえず何か思った写真を撮れ」と言われました。
なのでこの時に取った写真を2枚だけ上げてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に整備されたお花で包まれた祠発見です!
オレンジの花、赤い花、黄色い花など沢山のお花が揺れる中に祠が鎮座してあって素敵でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たたずむワークショップ首謀者さん。
街を一望しながら何かを真剣に考えていて、とても話しかけられる状況ではありませんでした。

このワークショップは28日に開催されます!
是非是非お越しになってみてください!

 

————-アーティスト、渡辺さんの作品制作————-

ワークショップの下見が終わったら、次はアーティスト、渡辺さんの作品制作のお手伝いをしました。

渡辺さんは今回のMMMで写真を使った作品展示をしているのですが、青年会の方やスタッフ、同行された山田さんまでもがその被写体となりました!
まさに産×芸×学の体現ですね!

その時の写真を幾つかご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラを構えるスタッフかおり。
この後彼女も被写体となって奮闘しました!


アーティストの渡辺さん!
姿勢から手つき、腰つきまで何から何までもプロ仕様でした。
流石です!

どんな作品に仕上がっているかは、やはりお越しになって見に来てください!
渡辺さんの作品は春日ホテルさんに展示させていただいています。
また、春日ホテルさんにはアーティストの岸こゆきさんの作品も展示していただいてます。

 

———–展示会場としてお借りした家の掃除———–

渡辺さんの作品がひと通り撮り終わったら、次は展示会場としてお借りしている空家の掃除をしました。

物置に使われていて、中にある木材やパイプ、色々な家電製品をトラック1台をつかって地道にこつこつと移動していきました。


トラックの荷台に乗って嬉々とする日高代表、おつかれさまでした。

 

———–お仕事が一段落して、夜のみなとハウス————

展示会場のお掃除が一段落してみなとハウスに舞い戻ってきました。
この日は先ほどのアーティストさんの渡辺さんと、関根さんがみなとハウスにお泊りになられました。

 

そこでアーティストさん二人を交えたスタッフとの座談会が始まり、白熱した議論が3時過ぎまで繰り広げられました。

なんと、その一部の動画を収録してあります!
動画編集の方が終わりつつあるので、会期中にこのブログやFacebookで公開したいと思います!!
是非是非ご覧になってみてください!!
とても面白い内容になっています。

 

 

 

以上でフィールドワーク報告を終わります。
準備期間が懐かしく思えます笑

 

みなとメディアミュージアムは8月30日まで那珂湊駅周辺で開催しておりますので、まだの方もリピーターの方も是非是非ご来場ください!