どうも、初めまして。MMM地域政策班スタッフの太翔(たいしょー)です。

 

2月5日に、スタッフ数名で那珂湊にフィールドワークに行きました。ボクらは普段、東京や神奈川で集まることが多いので、那珂湊でのフィールドワークは大切な時間です。いくらMMMの活動について考えてみても、実際に現地に行かないと分からないことって、沢山ありますからね。

 

今回のフィールドワークは、ボクにとって今年初の那珂湊でした。本音を言えば、1月中に行きたかったんですけどね。水戸にある県近代美術館で行われていた『ウルトラマンアート展』にも行ってみたかったんですよ。何を隠そう、ボクはウルトラマンファンなので。しかし、1月は学校のテストや課題やらで忙しくて、時間を作ることが出来ませんでした。あ〜、残念だ。

 

さてさて、話をフィールドワークに戻します。今回のフィールドワークでは主に、去年度のMMMで協賛金をいただいた方々や、作品を展示させてもらった方々への挨拶回りを行いました。また、今年から参加のメンバーもいたので、那珂湊を案内したり、新しい作品の展示スペースを探したりしてきました。

 

そして、個人的にビビっと来るような収穫があったんです。というか、1つやってみたいことができました。それは、「MMMの新聞」を作ること。

 

那珂湊の人たちとMMMが、もっと良い関係を築けるような。

那珂湊の人たちに、もっとMMMを認知してもらえるような。

MMMのスタッフが、もっと那珂湊のことをリアルに感じられるような。

そんな関係性を築き上げるためのステップとして、「MMM新聞」を作ります。

 

内容は未定です。もちろん、このブログの新聞版を作っても意味はないので、どんな情報がふさわしいのか、必要なのか、スタッフの方々と話し合って決めていくつもりです。ま、ザっと考えただけでも、課題は山積みですが、なんとかカタチにしたいと思っています。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。今回は、MMMで最も生意気な太翔が書いたブログでした。また、報告させてもらいます!

 

 

シュワッッッッッチ!!!!

LINEで送る
Pocket