今日は阿字ヶ浦にある奥田冬門さんの作品の茶室にお邪魔してきました。

日曜日ということで、茶会体験ワークショップが開催され、無料で奥田さんのたてたお茶を飲むことができました。

このブログに度々登場のアーティスト粟飯原さんも一緒に行きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

髭をはやした優しそうな方が奥田さんです。奥様もとても美人で、和服を着ていらっしゃいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

クジラ型の可愛いお菓子をいただき、お茶を待ちます。

普通はどんなときでも熱いお茶が基本ですが、こちらのワークショップでは熱いひたちなかの夏にあわせ、氷水でお茶をたてていただけます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワークショップのない日でも、茶室に入ることが出来ます。

今回の茶室は奥田さんのこだわりが詰まっています。

茶室の壁は全面に切って乾燥させた竹が使われています。入口の方が若くて青い竹、奥に進むにつれて枯れて茶色くなった竹が使われ、とても綺麗なグラデーションになっていました。茶道家のかたは竹林に入ることも多く、その竹林を表すような茶室が作りたっかたそうです。

まるで、季節の移り変わりや、人生の流れを表しているような素晴らしい茶室でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

次回以降の開催は、8月25日(日)と8月31(土)です。

※13:00から18:00まで(31日は16:00まで)、参加費は無料です。

阿字ヶ浦駅でお茶を飲む素敵な休日はいかかがでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket