2014年度参加作家一覧


生永麻衣+安住仁史

生永麻衣:1991年神奈川県生まれ。東京芸術大学美術学部デザイン科を卒業。現在同大学院在籍。
照明と映像を融合させ、空間デザインやプロダクトデザインを行っている。

安住仁史:1991年京都府生まれ。東京大学工学部機械工学科卒業。現在同大学院在籍。
プロトタイピングを中心にエンジニアとして活動中。



伊藤沙織

多摩美術大学 美術学部
工芸学科 金属専攻 卒業



夤賓閣復元研究会

テーマは夤賓閣炎上150年~水戸黄門様の愛した湊村を探る」。
江戸期の那珂湊(湊村)は夤賓閣を中心に関東屈指の商港として繁栄を極めました。
研会で収集した資料、作製した図面・模型をもとに江戸中期から幕末期の湊村を紐解きます。



植草航

千葉県出身。2011年東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻を修了。
ゲーム会社勤務を経て現在はフリーランスの映像作家、イラストレーターとして活動中。



襟草丁

東京都生まれ、神奈川県在住。ペン・水彩・銅版による平面作品、石粉粘土を使った立体作品・雑貨小物を主に制作。2010年よりカフェ、レストラン等で個展開催。主な展示、2013年「むかしからの友だちみたいに」(三鷹)、2014年「旬果旬菜」(横浜)。



オウ イコン

1989年中国・上海生まれ。
大学卒業後日本へ留学。
2013年から東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻に在学。
人の心の中の童心を呼び出せる様なアニメーション作品を制作している。



大内貴子

パステル和(NAGOMI)アート正インストラクター。
『絵は見て楽しむだけでなく、描いて楽しむもの。
笑顔になれる癒しのアートを届けたい』をモットーに、水戸・ひたちなか市にてパステルアート教室を開講中。



窪田弘実

1968年東京生まれ、明治大学農学部卒。
ひたちなか海浜鉄道を100回以上撮影し様々な風景を記録している。
仕事で山梨・長野で十数年暮らしたことが人生やカメラワークに大きな影響を受けた。
映画ファンでもありアート制作に大小の効果を取り入れている。



小林颯

1995年、北海道出身。
小学六年の頃から、短編アニメーションやメディアアート、現代アートに興味を抱き、創作活動を始める。
最近の作品は、 「3Dプリンタでゴミを作る」「海苔カッター」など。
慶應義塾大学環境情報学部在学。



佐藤司

1976年宮城生まれ。
2013年東京芸術大学美術学部芸術学科卒業。
東京を拠点に活動。



菅

菅拓也

CLAge名義でブックカバーの制作販売を行う。 hitoliJAM名義ではデジタルなデザイン性と アナログな身体性の探究をしている。 AcidSugarCublic名義でイベントでの ライブペイント、映像・楽曲制作行う。



杉浦リサ

1991年生まれ、茨城県出身。
茨城大学大学院教育学研究科美術教育専修在学。
緑の中のレールを駆ける心地よいリズムと黒と黄のコントラストに魅せられて、電車と踏切のある風景を描いています。



柴田久美

1984 東京生まれ
2008 多摩美術大学造形表現学部造形表現学科油科専攻卒業
2010「呼吸展」(新宿西口プロムナード・ギャラリー / 東京)
2013「ポートフォリオを観て話す会 と展示 vol.02」(新宿眼科画廊)
2013「トーキョーワンダーウォール公募2013」入選



チーム・マンボウ社

マンボウ社(石田結香、鈴木ゆり、太智花美咲)
マンボウの姿と、その特殊な生態に魅せられたの三人組。
マンボウをテーマに様々なメディアアート作品を制作する。
マンボウとの不思議な心の触れ合いを、お届けします。



当真一茂

1988年生まれ。沖縄県出身。
2012年沖縄県立芸術大学 美術工芸学部デザイン工芸学科卒。
2014年東京藝術大学大学院 映像研究科 アニメーション専攻修了。
主にフェルトを使用した人形アニメーションを制作、男ですが、作るものはだいたいファンシーなものが多いです。



秦俊子

1985年  福岡県生まれ。
2009年  東京藝術大学美術学部工芸科染織専攻卒業。
2011年  東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻修了。
コマ撮りアニメーションを中心に、フリーランスで映像制作、
イラスト制作をしています。



波多野雨音

1992年生まれ。
写真を中心に、イラスト・文章など、気の向くままにひっそり活動中。
私の想いがあなたの心を少しでも震わせたら嬉しい。



野村在

1979 出生
2009 MFA:ロンドン大学ゴールドスミス修了
2013 PhD:武蔵野美術大学修了
国内外で活動



中村やす

筑波大学大学院芸術研究科デザイン専攻総合造形分野修了
現代美術家
常磐大学人間科学部コミュニケーション学科准教授
ここ数年は「空」をテーマにした映像・写真作品を制作している。



米谷聡美

宮城県出身。2013年東京工芸大学芸術学部アニメーション学科卒業。
現在、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻に在学。 パステルを画材として使用したアニメーション作品の制作を行っている。



マスダユタカ

東京造形大学卒業
2010年 第14回文化庁メディア芸術祭
審査委員会推薦作品
2012年 MMMひたちなか海浜鉄道賞
2014年 HBファイルコンペ 仲條正義特別賞



松本真弓×黒澤仁晶

カフェ・CLUB・フェス等イベントで、フェイスペイント・ボディジュエリー・メヘンディアートを施している。
近年は、ブライダルやマタニティアートも手掛けている。
今回は、イベントPDや古民家再生、古い素材を使った作品を創る黒澤仁晶と共同制作。



山越梓

1992年生まれ。
2011年 筑波大学芸術専門学群在籍
2013年 中之条ビエンナーレ



幸洋子

愛知県生まれ。2010年名古屋学芸大学メディア造形 学部映像メディア学科インスタレーション専攻卒業。現在、東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻に通いながら、アニメーション作品を制作しています。



横倉裕司

2007年多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程彫刻専攻修了。
「ART AWARD TOKYO」(行幸地下ギャラリー/2007)
「せいめいのれきし」(アキバタマビ21ArtsChiyoda3331/2011)
「BankART Artist in Residence OPEN STUDIO 2013」
(BankART Studio NYK/2013)等に参加



Aris & Teles

慶應義塾大学総合政策学部・環境情報学部の1年生5人によるアートユニット。
4月からメディアアート作品の制作を始め、6月に東北で行われた「アート&テクノロジー東北2014」に出展。
優秀賞や審査員特別賞などを受賞した。



M4

ドゥナイトマーケット(月に1回那珂湊の商店街で行われているお祭り)で
子供たちと工作をするTOKIWAまちなかラボ(ワークショップ)を開催しています。
MMMのスタッフとしても関わっているので、夏の間作品の前に常駐しています。




LINEで送る
Pocket