タイトル

9年目を迎える「みなとメディアミュージアム」が作品の公募を開始。
3/11に現地見学会を開催。今年のテーマは『対峙したあと』。

概要

 みなとメディアミュージアム(以下、MMM)実行委員会は、8月12日(土)から9月3日(日)までの間、まちをアート作品で彩る「MMM2017」を開催します。茨城県ひたちなか市那珂湊のまちを中心に、芸術表現と地域との協同によってまちの活性化を図ります。

 開催に先立ち、作品の公募を開始いたします。9回目を迎える今年のテーマは『対峙したあと』。まちと作家が向き合い、そして作品と観客が向き合って、どんな「あと」を残すのでしょうか。

 今年も、MMMでの展示を作家の皆様と一緒につくりあげるために、那珂湊の現地見学会を3月11日(土)に開催いたします。スタッフがツアー形式でご案内します。その際、ご希望の展示企画等のご相談も対応いたします。

 

慶應義塾大学総合政策学部1年 みなとメディアミュージアム実行委員長

慶應義塾大学総合政策学部1年
みなとメディアミュージアム
実行委員長
高田彩加

代表よりごあいさつ

 今年のテーマは「対峙したあと」。地域と作家、作品と観客、地域と観客、それぞれが向き合った”後”に新しい”跡”を生み出すような場所にすることが目標です。

  9年目となるMMMと。築き上げてきたものを大切にして、より意義のあるイベントになるよう、日々準備に取り組んでいます。

 

公募ページのお知らせ

ウェブサイトよりご覧いただいている皆さまにおかれましては、公募ページも併せてご覧ください。

http://minato-media-museum.com/competition_2017/

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
Email: minato.media.museum@gmail.com

【本プレスリリースのPDF版】

【プレスリリース】MMM2017 公募開始のお知らせ(PDFファイル)

LINEで送る
Pocket