2月3日、MMMメンバーでアート展覧会に行ってきました。
この日は、上野周辺を1日滞在したので、
前半と後半にわけて紹介していきたいと思います。

まずは、前半!

前半は、第66回 東京藝術大学卒業・修了作品展に。

IMG_8004

この日は、最終日だったこともあり、会場は多くの人で賑わっていました。

作品を見ている中で、「表しているものが何なのか」「なぜこれを作ろうと思ったのか」など、疑問がたくさんわきました。
しかし、作品の横で製作者の方が説明してくれたので、
作品をより楽しむことができました。

油絵や工芸、環境建築など、さまざまな学科の展示をゆっくりと見てまわりました。

DSC_0092

DSC_0085

DSC_0094

_20180203_174525

歩みを進めていると、
2016年度大賞受賞した後藤宙さんの作品が!

IMG_8009

メンバー一同圧巻されました。
また、下の作品は終了間際に見た彫刻科の作品の1つ。

DSC_0105

(木の切り口にドリルで小さな穴を空け、削っていくことで木の内部に空洞をつくり、
その中に自分が入って彫っていくのだそうです。)

作品の展示場所が制作教室だったこともあり、
つくる過程を想像してわくわくしていました。

東京藝術大学卒業・修了作品展を通じて、制作者の方や作品との距離が近づいたことで、新しい作品の楽しみに気がつくことができました。
また、過去にMMMに参加してくださったアーティストの方とお話をすることで、
「今年はどんな展示にしようか」とイメージをふくらませるきっかけにもなりました。

 

後半へつづく…