2009年度参加作家一覧

 

荒木 悠 – あらき ゆう

1985年生まれ。2007年米国ワシントン大学サム・フォックス視覚芸術学部彫刻専攻卒業。

 


飯沢 未央 – いいざわ みお

1981年生まれ。長野県出身。

2007年多摩美術大学大学院デザイン専攻情報デザイン領域修了。

時間と生命についての、哲学・科学・美学的リサーチと考察を背景として、電子デバイス、映像作品、空間インスタレーションなど、多彩な作品を制作している。

 


伊藤 渉 – いとう わたる

1984年生まれ。関西外国語大学英米語学科卒業。

東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。

 


小佐原 孝幸 – おさはら たかゆき

1981年千葉県生まれ。東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。

 


許田 敦子 – きょだ あつこ

沖縄生まれ。沖縄県立芸術大学美術工芸学部デザイン専攻卒業。

2009年東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。

 


田島 悠史 – たじま ゆうし

1982年生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。

東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士課程修了。

現在、慶應義塾大学・メディア研究科後期博士課程在籍/同助教(研究・有期奨励)。

みなとメディアミュージアム2009代表。

 


田村 友一郎 – たむら ゆういちろう

1977年ニュルンベルク生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。

東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻在籍。

 


津田 道子 – つだ みちこ

1980年生まれ。2006年東京芸術大学美術学部先端芸術表現科卒業。

2008年東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。

現在、東京芸術大学大学院映像研究科後期博士課程在籍。

 


深澤 瑠衣子 – ふかざわ るいこ

1986年東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部在学。

 


細谷 宏昌 – ほそたに ひろまさ

1985年京都府生まれ。京都工芸繊維大学戦医学部応用生物学部卒業。

東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻在籍。

代表作として佐藤雅彦監修、うえ田みおと制作した”I’m a minute.”(2009 ヨコハマ国際映像祭)がある。

http://mas-ahiro.net/

 


牟田 高太郎・廣木 智一

– むた こうたろう

1987年生まれ。日本大学芸術学部音楽科情報音楽コース在学。

ピアノを堀江真理子、鈴木加寿美の各氏に、情報音楽領域を今堀拓也、川上央、松村誠一郎の各氏に師事。

現在、コンピュータを用いた音楽表現を学ぶ傍ら「音楽 の視覚的表現」、「直接目に見えないものの視覚化」というテーマのもとに作品を制作している。

コンピュータとピアノ演奏による『成長する音の断片』(合 作)が、第二回AACサウンドパフォーマンス道場入選。

 

– ひろき ともかず

1988年生まれ。日本大学芸術学部音楽科情報音楽コース在学。

5歳からピアノを始め、音楽に親しむ。

大学では環境音と人との関わりに関心を持ち、現在音響生態学などの情報音楽領域を川上央氏に師事している。

茨城 県水戸市出身であることから、ひたちなか市にも非常に親しみが深く今回の出展に至る。

 


村上 華子 – むらかみ はなこ

1984年生まれ。アーティスト。

東京大学文学部在学中にアートフロントギャラリー「スコット=ド・ワシュレー来日展」を企画。

2006年越後妻有アートトリエンナーレで「キンシーズ!」を企画。

 


[b]Laptop orchestra – ビー・ラップトップ オーケストラ

2007年結成。旧型ノートパソコンをベースにライヴ、舞台、インスタレーション制作を行っている。

第2回AACサウンドパフォーマンス道場優勝。

 


※掲載されている各作家のプロフィールはイベント開催時点のものです。